Twitter
LINQR
友だち追加

 


PICK UP PRODUCT

「HPLCショップ」では、取り扱い製品の中から、
おすすめの製品を毎月ピックアップしてご紹介しています。

今回のおすすめは「SCAT Safety Cap」シリーズ。
試料容器の密閉性を高め、研究室内の空気環境をクリーンに保つことに役立ちます。

Pick UP!

「SCAT Safety Cap」の特徴

GFXシリンジフィルター

「SCAT Safety Cap」は、HPLC/UHPLC用のボトルキャップです。
溶媒の気化による室内の空気汚染を防ぎ、作業環境を守ってくれます。

付属の「エアバルブ」は、大気中に気化しないよう溶媒の拡散をブロック!
「PTFEフィルター」によりボトル内部へのゴミの混入を防ぎ、溶媒のコンディションを良好な状態に保ちます。

安心の製品仕様

「SCAT Safety Cap」では、ポート(「溶媒ラインチューブ」の接続数)の数は3つ。必要に応じて、複数のラインをつなぐことができます。「溶媒ラインチューブ」には「外径1.6mm・2.3mm・3.2mmチューブ用フィッティング」があります。

ねじ口規格とは

「SCAT Safety Cap」は“ねじ口規格”の国際的な一般規格である“GL規格”です。本体の接合部をカバーする“シーリング”素材にはフッ素ゴム(FKM)が、溶媒ラインチューブ素材にはフッ素樹脂(PFA)が用いられており、それぞれ耐溶剤仕様なので安心です。

当店では、主に「GL28」「GL38」「GL45」規格のキャップを取り扱っています。

 

(写真左上:「GL45」、中央「GL28」、右「GL38」)

適合する瓶
  • 「GL28」に適合する主なガラス瓶……1L薬品瓶など
  • 「GL38」に適合する主なガラス瓶……ガロン瓶など
  • 「GL45」に適合する主なガラス瓶……デュラン瓶、広口瓶など


各種瓶の装着例

 

デュラン瓶の装着例

 



知っていますか? 労働安全衛生法によって曝露量が規定されています

特定の化学物質や有機溶剤を取り扱う際に、留意すべき点のひとつとして、曝露(ばくろ)量があります。

「労働安全衛生法」により、特定の化学物質や有機溶剤の曝露量が規定されている、ということをご存じでしょうか。
暴露量とは、大気、飲料水、食品、皮膚接触を通じて、ある物質が人体に取り込まれた量(摂取量)のことです。

溶媒の空気汚染などによって生じる作業環境悪化による健康被害や、思わぬ事故を防ぐためにも、密閉性が高いボトルキャップを用いることは重要です。品質の高いボトルキャップは、特に安全衛生や環境への配慮に取り組む企業において、導入が進んでいます。

参考:「労働安全衛生法」https://www.jawe.or.jp/sokutei/sokuteikiso.html

「SCAT Safety Cap」の特徴

  • ドイツメーカーの製品で、ヨーロッパで20年以上の実績がある
  • さまざまな種類の形状があるので、目的によって使い分けられる
  • 付属のエアバルブが溶媒の気化・流出を防ぐ
  • 活性炭フィルターを取り付けることで、匂い等の拡散も防止

★各製品の概要など製品一覧はこちら(メーカーサイト)
https://scat-europe.com/en/products/hplc-solvent-supply/safety-caps/?p=1

製品一覧

「SCAT Safety Cap 」 ※フィッティングの数
「SCAT Safety Cap 」 ※フィッティングの数
「SCAT Safety Cap 」 ※フィッティングの数
「SCAT Safety Cap 」 ※フィッティングの数
「SCAT Safety Cap 」 ※フィッティングの数
その他 ボトルキャップ関連製品

メーカー製品ページ

「SCAT Safety Caps」(https://scat-europe.com/en/products/hplc-solvent-supply/overview/

製品メーカー

「SCAT」(https://scat-europe.com/en/

お問い合わせ先

製品選びに迷いましたら、こちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。